歯科衛生士の仕事を考える

歯科衛生士の求人数が増えている理由

歯科衛生士の求人数が増えている理由 歯科衛生士は最近働きやすい仕事として人気を得ていて、この仕事をしたいという人は増えてきています。
なぜこの仕事の評価が高くなっているのかというと、それは歯科衛生士の求人が増えているからです。
以前からこの仕事に対する評価はありましたが、最近は更に需要が多くなっているので人気を得ています。
今の歯科では虫歯などの治療をするだけではなく、予防をする治療法を行うようになっています。
この予防の治療が行われるようになった影響で、歯科に行く人が増えてきているため仕事が多くなっています。
また高齢化の影響も人気を高くしていて、高齢者向けの歯の治療の需要が増えたことも関係をしています。
歯科衛生士の仕事は最近多くなっていますが、それは歯医者での治療方法が変わったことが影響を与えています。
更に高齢化によって新しい需要が増えたことも、このような仕事がしやすくなった特徴になっています。
歯科衛生士の求人は増えてきていますが、その分仕事の種類や内容の確認も必要です。
今は多くの求人がある分重労働の職場もあるので、そういう仕事の内容に関しても確認をしておくと問題が起こりづらいです。
この仕事は大きな歯医者から小さな業者まで、色々な求人があるので選びやすくなっています。

歯科衛生士の給料と年収

歯科衛生士の給料と年収 歯科衛生士の就職先を選ぶには、平均的な年収や給与の水準の情報があると比較しやすくなります。
求人情報を見る時にも、参考の数値となります。
厚生労働省で発表した平成27年の賃金基本構造統計では、歯科衛生士の平均月収は25万円程度で、年収は335万円程度です。
ちなみに新卒の平均月収なら20万円程度を目安に考えると良いでしょう。
また、歯科衛生士の年間賞与は44万円程度になっています。
年齢別の歯科衛生士の給与水準も公表されており、最も年収が高いのは40~44歳で年収は466万円、次いで55~59歳の410万円、35~35歳の357万円です。
新卒に該当する20~24歳の場合は296万円が平均です。
以上が平均的な給与の水準ですが、地域や勤務先の規模によって待遇は変動しますので、地域性も含めた検討が必要でしょう。
勤務年数によって給与アップの可能性があり、また経験や習得スキルでも自分自身の待遇は変わるものと把握しておきましょう。
新卒で就職先を探す場合や、事情によって転職を検討している方も、給与の平均的な推移を知ることは大切です。
業務のボリュームと比較したり、他の待遇面も考慮に入れながら就職・転職先を探す方が増えています。

新着情報

◎2017/5/26

サイトを公開しました

「歯医者 年収」
に関連するツイート
Twitter